オオスカシバ

Cephonodeshylashylas我奥様と愛犬を伴い大きな公園へ行った。目的は・・・「彼岸花」。が・・・・・たいして咲いてはいなかった。その代わり、キバナコスモスが満開。【オオスカシバ】も飛んでいた。今回、いつもの様な「置きピン」にせ...
半翅目

クモヘリカメムシ

Leptocorisachinensis夏が終わった。「イネ」の大害虫だそうである。「イネ」に限らず、「イネ科」に属するモノ全てに着くそうである。Y-フィールドには、小さな「エノコログサ」の群落がある。盛夏の頃から、ソコを通る度に沢山の個体...
チョウ

ムラサキツバメ ♀

Narathurabazalus昨日と同じく、我家で「羽化」した♀個体である。雌雄で「翅表」の模様・色が違う。こういった特徴を「性的二形」と呼ぶ。この種は冬期に集団で越冬する事がある。集団の中の頭数はマチマチである。私も、10年近く前に頭数...
チョウ

ムラサキツバメ ♂

Narathurabazalus先日掲載した【ムラツ蛹】とは別の「蛹」から「羽化」した♂個体。「羽化」をして直ぐに撮れば、より綺麗だったのであろうが・・・・・♂の「翅」は全体に暗い紫色だが、フラッシュの光が干渉したのか、綺麗な色が出た。これ...
半翅目

菌 におかされた ヒグラシ

ヒグラシTannajaponensisおそらくは、[セミノハリセンボンPurpureocilliumtakamizusanense]と思われる菌におかされている。「セミの虫体」全体を菌の子実体の様に見える「分生子柄束・シンネマ」が覆い尽くし...
鞘翅目

カブトムシ

Trypoxylusdichotomusseptentrionalisいくら未だ30℃を下回る事が無い。とはいえ・・・・・・9月20日にカブトムシを見る(撮る)とは思いもしなかった・・・・・。OLYMPUSOM-DE-M1MarkⅢ+M.Z...
チョウ

ムラサキツバメ 蛹

Narathurabazalus先日「蛹化」した【ムラツ」。ここ数年、毎年数頭を「羽化」させている。【ムラツ】は、イワズトシレタ南方種。元々、関東地方には生息をしていなかった。私は、2004年10月7日に川崎市内で本種を初めて見た(というか...
チョウ

クロマダラソテツシジミ

Chiladespandava昨日は、iPhone12miniで撮ったので1眼レフを持って撮りに行った。私は今日の写真の方が好きだが、モバイルフォンで見る人にとっては変わらないであろう。今年の【クマソ】を調べていると、和歌山県で発生している...
チョウ

クロマダラソテツシジミ ’23

Chiladespandava[イノコヅチ]の周りをチラチラと飛ぶモノが居る。どうも、[ヤマトシジミ]より大きそうだ。[ウラナミシジミ]かと、近寄ると・・・・・【クマソ】であった。当地では、2021年以来である。【クマソ】はサテオキ・・・[...
虫徒然

International Redpanda Day

OLYMPUSDIGITALCAMERAAilurusfulgensfulgensNepal🇳🇵を拠点に、REDPANDAの保護活動をしている、REDPANDANetworkが制定した、国際的な記念日。この活動を通して、「保全」等にも目を向...