膜翅目

膜翅目

オオスズメバチ ♂

Vespamandarinia分封(と、オオスズメバチでも言うのか如何かは不明)も一月ほど前に終わり、既に死期を待ちながらも活動を続ける♂蜂。女王やワーカーの♀蜂と比べ、「触角」が長いのが♂蜂の特徴。「蜂の針」は「産卵管の変化したモノ」であ...
膜翅目

ツワブキの花 と クロマルハナバチ

Bombusignitus[ツワブキFarfugiumjaponicum]の「花」が咲きだすと「冬」の到来を感じる。トワイエ(昨日も書いたが)、先週まで「夏日」であった事を思うと・・・・・もぅ、いいか。「花」が綺麗に丸く固まって咲いた株に、...
膜翅目

日本のエメラルドゴキブリバチ

【サトセナガアナバチAmpulexdissector】[エメラルドゴキブリバチ]は、漫画だかアニメだかで有名になった様だ。同属近似種が日本にも生息していて、コレは体長が20mm程度である。非常に素早く移動する為、私にはマクロレンズで追う事は...
膜翅目

ルリモンハナバチ属の一種

Thyreusspp.[キツネノマゴ]に吸蜜に来た【BlueBee】。この属は、国内に4種・国外には100種以上の種を含むそうで・・・・・この個体が、国内4種のドレに該当するのかは私には分からないので「〜の一種」とした。まぁ、普通に【ナミル...
膜翅目

チャイロスズメバチ

Vespadybowskii川崎市内では、今年初見(数週間前に同地で見たが、レンズの焦点距離が足らず撮影は今回が初めて)。シラカシから出る樹液を舐めていた。そこへ腕を一杯に伸ばし撮っただけ・・・・・。何か、工夫して撮りたいが、近づけない「虫...