膜翅目

膜翅目

日本のエメラルドゴキブリバチ

サトセナガアナバチAmpulex dissector 鬱の症状が悪化した。トハイエ・・・家の周りを愛犬と歩いたりはする訳で・・・・・ そうしたら、ナンダカ2日続けて「ヨイ虫」に遭遇してしまい・・・・・舌の根も乾かぬうちに、連載再開。 只、遠...
膜翅目

チャイロスズメバチ

Vespa dybowskii 「裏山」の樹液の出があまり良くない。出ていても、小さな染み出しである。 そんな中の一つに、【 チャイロスズメバチ Vespa dybowskii 】 が居た。 が・・・警戒心が強く、近づくと(まぁ、レンズ前1...
膜翅目

ルリジガバチ

Chalybion japonicum 5月29日に何故か我家へ迷い込んだ個体。[ ジガバチ類 ] は、刺されると結構腫れたりする。 更には・・・愛犬がチョッカイを出す事は目に見えているので、カップに捕獲。 スグに撮影するとは自ら思えなかっ...
膜翅目

ハンショウヅル と コマルハナバチ

【 ハンショウヅル Clematis japonica 】 【 コマルハナバチ Bombus ardens ardens 】 朝の8時頃には「雨模様」になるらしい。毎日、起きる時間は早いのだが動けるまでに時間がかかる。 が・・・・・ナントカ...
膜翅目

クマバチ

Xylocopa appendiculata circumvolans 昨日、満開になった [ エゴノキ ] の下を愛犬と共に通ったのだが・・・今日になると、既に 1/4位散ったか? と、いう位 [ エゴノキ ] の「花」が散っていた。。。...
膜翅目

ニッポンヒゲナガハナバチ

Eucera nipponensis 何処の家の犬もそうなのだろうが、我愛犬も御多分に洩れず「草むら」や「落葉溜まり」が好きである。 もう、鼻っ面を潜らせ、何か「虫」を探している。大概は、「クモ類」の様である。 目の前を飛ぶ「虫」にも敏感で...
膜翅目

オオスズメバチ ♂

Vespa mandarinia 分封(と、オオスズメバチでも言うのか如何かは不明)も一月ほど前に終わり、既に死期を待ちながらも活動を続ける♂蜂。 女王やワーカーの♀蜂と比べ、「触角」が長いのが ♂蜂 の特徴。 「蜂の針」は「産卵管の変化し...
膜翅目

ツワブキの花 と クロマルハナバチ

Bombus ignitus [ ツワブキ Farfugium japonicum ] の「花」が咲きだすと「冬」の到来を感じる。 トワイエ(昨日も書いたが)、先週まで「夏日」であった事を思うと・・・・・もぅ、いいか。 「花」が綺麗に丸く固...
膜翅目

日本のエメラルドゴキブリバチ

【 サトセナガアナバチ Ampulex dissector 】 [ エメラルドゴキブリバチ ] は、漫画だかアニメだかで有名になった様だ。 同属近似種が日本にも生息していて、コレは体長が 20mm 程度である。 非常に素早く移動する為、私に...
膜翅目

ルリモンハナバチ属の一種

Thyreus spp. [ キツネノマゴ ] に吸蜜に来た 【 Blue Bee 】。 この属は、国内に4種・国外には100種以上の種を含むそうで・・・・・ この個体が、国内4種のドレに該当するのかは私には分からないので「〜の一種」とした...